HOME > 物件の選び方

条件を絞ってから不動産に行く

物件の基本的な選び方としては、条件をまず絞る事が大切です。絶対に譲れない条件を決めて、その条件に見合う物件を探していきましょう。三重の場合には、交通の便や周辺に便利な店や施設があるかどうかをきちんと確認しておくことが大事になりそうです。車を所有している場合には、あまり神経質になる必要はないかも知れませんが、自転車や徒歩での移動手段の場合には、条件を曖昧にしたままで不動産屋に行くと、店頭で担当の営業マンに勧められるまま物件を見てしまう事になる場合が多いでしょう。そこから、自分の要望を伝えられないまま、物件を決めてしまうという事にもなりかねませんので、きちんと不動産屋を尋ねる前に条件を決めておくことが大事なのです。また、予めおおよそのイメージで、どのような部屋に住みたいのかを決めておくと、近い条件の部屋を担当の方が探してくれますので、物件を決めやすくなると思います。

更に、部屋をスムーズに決めるためには、あまり気にならない条件についても考えておくと良いでしょう。人によっては絶対に新築でなくては嫌だという人もいるかも知れませんが、逆にあまり気にならない人もいます。新築でなくても良いとなれば、その分広い部屋であったり、家賃の価格が低い部屋をえらぶ事ができるでしょう。基本的に移動する事が多い場合には、ときに駅から近くなくても不便には感じないかもしれません。駅から遠いエリアの部屋を選ぶ事によって、新築であったり設備の充実している部屋を選びやすくなるという感じで、条件の範囲を更に絞っていきやすくなるでしょう。人気の物件の条件はある程度絞られてくるものではありますが、自分自身ぴったりの条件の部屋を見つけるためには、条件の優先順位をつけておくと住みやすい部屋が見つかるでしょう。

また、条件の中の最も大事な部分に家賃がありますが、土地勘のない場所に引越しをする場合、相場が良く分からないと思います。予め情報誌やインターネットなどで相場を調べておく事は大事なのですが、あまり予算の範囲を狭く設定しすぎると、掘り出し物の物件を見落としてしまう事にもなりかねませんので、土地勘のないエリアに引っ越しをする場合には、ある程度家賃については柔軟に設定しておいた方が良いかもしれません。今まで住んでいた土地の相場と比較してしまいがちだとは思いますが、家賃の相場は土地によって随分違います。特に都心などのかなり都会のエリアに住んでいた後で、田舎の雰囲気のエリアに引っ越しをする場合などには、きちんと色々な面で調べておいた方が後々の生活には影響がないでしょう。

このページの先頭へ

HOME > 物件の選び方